ヘッダー画像

定年後の仕事

定年後の仕事は何をしたいか、既に考えていますか?

生涯現役で定年後の仕事をしていく覚悟はおありでしょうか。 今、団塊の世代が次から次へと大量に定年を迎えています。 長年の少子化で若者や子供は減り続け、それを支える分母の負担が大きくなっています。 ですから、これを当てにしていた年金は、どんどん減らされて先送りされていき定年後の仕事を探す必要があります。 定年をも先延ばしになってきています。 要するに仕事も減っていく年金を当てにできずに生涯現役を覚悟せざるおえない層が増え続けているということですけれど、やはり、これも実際は考え方次第です。 このように毎日、家で趣味も無く何もすることが無く、マイナス思考になってしまうよりも何であれ外に出かける用事があることの方が元気に過ごせます。 こういった気持ちの張りも数段の差となって表れます。 定年後に退職金や貯蓄などの少しばかりのまとまった日本円をもって、これが東南アジアや色々な海外へ脱出するケースがあります。 でもその先で日本より広い住まいで優雅に仕事をせず、召使いを雇う余裕などは一握りです。 つまり、日本料理が世界で注目を浴びていることを頼りに食堂などの自営業をしなければならない状況です。 定年後の仕事に色々な夢を実現したいという方もおられますが、このように自営業はハイリスクハイリターンと覚悟してかかることです。

定年後には今とは全く異なる未経験の仕事も

仕事の成功例はありますが、全員が勝ち組ではありません。 けれども言葉の壁や医療水準、綿密な事業計画、リサーチと様々な事に冷静な状況判断が求められます。 失敗したら故郷にも帰れないことになりかねません。 けれどこれも定年後の仕事の一つの方法であることは確かです。 次のケースは、長年勤めた会社を気力のあるうちに早期退職して、退職金を元手に今まで培った経験や人脈を生かして事業を起こす方です。 これは、かなり長いスパンで手堅く足元を固めてきた状態です。 代表者になってしまえば定年はありません。 それこそ定年後の仕事は生涯現役が叶います。 ご本人の人柄やそれを慕う人脈、後押しするファンや取引先がいてこそ、仕事はその夢が叶います。 周囲から背中を押されるケースも出てきます。 ベンチャーは今時珍しいものではありませんから40代から50代の気力も体力も充実している時にスタートができれば大きな成長を遂げることもあります。 定年後の人達をターゲットに立ち上げた企業も存在しています。 隙間産業をどう切り取るか、仕事はアイデア次第です。 もう歳だからと諦めないことです。 転身の場合を見ますと、今まで企業で培ってきた経験が役立つ色々な国家資格を取得し、独立あるいは再就職する方々です。

何を最優先するかが定年後の仕事では重要

管理職の延長線上には、かなり活路が開かれています。 一つは、全く別の業種の管理職や顧問に収まる仕事のケースです。 これは、天下りの場合もありますし、人材会社のマッチングで収まるパターンもあります。 定年後に数年担当の後、また次の企業へとラインができている事もあります。 リスクマネジメントは業種が変わっても普遍的なことですから重宝されます。 もう一つは、国家資格を取得する内容です。 仕事も経験年数と学歴によって受験資格を得られる国家資格がいくつもあります。 定年を迎える前から取得している方もおられるでしょうし、定年後の仕事にチャレンジする方もおられます。 国家資格が即独立ということは少ないですが、武器になることは間違いありません。 その武器を携えて正規雇用や非正規雇用などの再就職も可能になることもあります。 行政書士や社会保険労務士、運行管理者、マンション管理者など選択肢はあります。 定年後の時間はたくさんありますから、ご自分の経験や好きな事にまつわる事から探していってもよい事です。 仕事に直接なるものではありませんが、中には大学受験にチャレンジする方もおられます。 国家資格でも大学受験でも一生勉強と考える方の場合は、合格はもちろん嬉しいことですがチャレンジする精神が若さを保っています。 大学側も少子化対策として大学存続の為に門戸も開いており、チャレンジするチャンスが開かれています。

定年後はボランティア活動も視野に入れてみても

ダブルワークも可能なものとして、仕事以外にもボランティア活動をしてる方がおられます。 このところ頻繁に続く天災で、ボランティア活動が注目を浴びました。 ボランティア活動は、 無給の場合もありますし、その組織によってはお礼程度の多少の金銭的な支給もあります。 レジャーがてらのボランティア活動や困った同志の助け合うような気軽にできる定年後のボランティア活動、損得無しの真剣に取り組まねばならないボランティア活動に携わる方もここにはおられます。 大好きな犬をしつけて災害救助犬を育成した方もおられます。 利害を超えてご自分ができることを考えた結果でしょう。 ご自分とゆっくり仕事と向き合ってみましょう。 在職中から特許出願を申請し続けている方もおられます。 技術系の方や理科系の方の聡明で柔軟な頭脳は、収入もさることながらアイデアを具現化する能力を持っています。 万が一を期待しての事もあるでしょうが、実際特許を取得して収入に繋げている方もおられます。 アイデアを考える力は、年齢も関係無く定年後の仕事も生涯現役でいられるということです。 インターネット社会が普及して増えているものは、個人レベルで通販会社を立ち上げている方々です。 これは、在庫を抱えている状況もありますし、仕事とは異なり在庫を抱えずに注文の窓口を担って発送などの手続き等は所属する企業が一括している仕事もあります。

ネットでできる定年後の簡単なお仕事とは

ご自分の作った製品やキャラクターを仕事で販売していたり、中古品を扱っている通販会社もあります。 取扱商品が良い品であれば一気にブレイクして軌道に乗る方もおられます。 今ではインターネット社会とは切っても切れない濃密な関係となり、定年後でも十分駆使している方が普通に存在している時代になりました。 ブログでブレイクして収入に繋げている方もおられます。 専門的な技術を持った方のブログなどは的確な解説、論理的な解説で閲覧回数を上げています。 広告収入は、閲覧回数で増えていく可能性があります。 この様に今という時代、収入は低空飛行でも大変便利になっていて、二股や三股とある意味非常に色々な間口が開かれている時代となっています。 後ろ向きな考えに縛られている必要はありません。ピンチはチャンスの時代と受け取ることができれば定年後の仕事も楽しく乗り越えていける時代です。 ご自分が楽しくできる仕事は何かぜひ見つけてください。  現在企業に勤めている人達で、ある程度の年齢の時、定年後の生活について考え、準備をしておくことはとても大切なことです。 それは定年後にきちんとした生活水準を維持し、はりあいをもって明るく生きていくための準備にあたります。 定年後も生活の水準をさほど下げずに、楽しく生活を送ることが大切なこととなります。 そのためには年金や貯金等で充分やっていける人達は問題はありません。 しかしそういったものに不安がある場合は、定年後も仕事を探し、新しい職場で働くことになります。

家族とゆっくり定年後は過ごす時間も大事な仕事

今の時代、平均寿命は80歳を超えていますので、特別に身体的に不安がない人達の場合は、なるべく長く死ぬまで働くことを希望する人達も多くいます。 仕事の内容は、企業時代とは少し違っていても、新しい定年後の仕事にやる気やはりあいを見いだし、明るく生活を続けていく人達は安心出来ます。 また会社時代のように毎日の通勤でなくても、週に何日間は仕事をし、その他の日は趣味や家事を手伝う男性も多くいます。 今まで出来なかった趣味なども、定年後にはじっくりと楽しむことも必要なことです。 長い間、働いてきた自分に対してのご褒美に、そういった世界で楽しく過ごす時間も必要なことだといえます。 同じぐらいの年代の人達と知り合うことも出来ます。 趣味を通じて知り合えたことは美しい関係となります。 長い間、お互いに励まし合いながら、楽しく過ごせる付き合いが始まり、定年を良かったことと思えるようになります。 またそれまで忙しく、家族とゆっくりと話をしたり、一緒に行動をともにしたりする機会が少なかった人達は、家族と過ごす時間が増えることを楽しく思えるようになります。 また平日に家族と行楽地や商業施設に出かけることも可能となるため、比較的空いた時間帯や曜日にゆっくりと用事を果たすことが出来ます。 土曜日や日曜日の混んだ時間帯に、繁華街へ出かけていった頃と比べて、贅沢に時間を過ごすことも可能になります。 こういった良さも定年後にはあります。


定年後には自分のために有意義な時間を作るための仕事

また定年後に資格を取得したり、勉強に時間を費やす人達も多くいます。 こういった活動は、脳や身体によい影響を及ぼします。 目的や目標を持って、勉強をすることは、仕事が高齢者になることを遅らせる作用があります。 誰もが試みたいことです。 脳や身体を動かすことで、刺激を得られ、さらに知識を豊かにすることで人間的にも年齢に応じた教養のある人として自信を持てるようになります。 大いに取り入れたいことです。 平日には一日のほとんどの時間を会社で過ごした人達ですが、人によっては定年を迎えると、時間がとても余ってしまい、暇になり、体調を崩す人達もいます。 せっかく時間的にゆっくりと過ごせるご褒美をいただいても、病気になるようでは元も子もありません。 定年後も新しい人生をエンジョイ出来るためには、なるべく元気で長生きをすることが仕事よりも大切なことです。 楽しいことはたくさんあるといった気持ちで、現役時代から定年後の仕事をイメージし、出来る準備はしておくことが大切です。 また、家族などともよく話をし、どういった生活になるのかを、理解しておくことが必要なこととなります。 生活はどうなるのか、毎日の過ごし方はどうなのか等、強力な理解者である家族とよく話をし合い、安心な生活設計をたてておくことが大切です。 何も準備をせずに迎えると、定年後をイメージしながら現役時代を過ごすことはだいぶん差がついてきます。 ある程度の年齢からは、定年後の仕事をしっかりと思いながら、仕事も安心で安全な生活設計を立てることが大切です。 識者等の著名人の書いた書籍や知人や友人の話、先輩等の話なども参考にしながら、死ぬまでについて誠実に考えておくことが必要です。